チュニジア回想録❹
ラマダンの終わりと覆面風紀委員にご注意を!

20 Oct 2017

ラマダン月が終わりを迎える頃、日中はゴーストタウンの様だったチュニスの街も段々と活気が戻ってきます。

車のクラクションも若干減るんじゃないでしょうか(^^;

子どもたちは新しい服を買ってもらったり、盛大なイード(お祭り)が待っているので大人たちもお買い物に大忙し。

モノプリ(Monoprix)、カルフール(Carrefour)、ジェオン(Géant)など、大型ショッピングモールなんかいつも以上に大混雑。

ラマダン月中はアルコールの購入制限がかかるので、

(※外国人以外は購入厳禁!警備員が立っていて、パスポート見せないとリカーコーナーにも入れません)

ラマダン前に缶ビールをダースで買い溜めておく人も多いとか(゚∀゚)

なので解禁を心待ちにしてる人も多い事でしょうhhhhh

「断食後の一杯(ビール)がいいんだよねぇ?」ってせっかく宗教守ったのに秒速で背いてる輩もおります(爆)

Facebookにこんなジョークが出回るのもラマダンならでは

普段敬虔深くない人でも、ラマダン月が近づくと急に宗教モードをスイッチオンさせたりするのもチュニジアではよくある光景w

私もあれだけ辛いと感じた断食も、終わる頃になると、あと1週間くらいしてもいっかなー(*´³`*)

なんて調子に乗ったり。もうちょっと長くてもいいのにねぇ(=´∀`)人(´∀`=)とか言ってたら、任意の断食もあるから、と勧められました(汗)

女性はどうしてもスキップ週間があるので、出来なかった日数は後で行うのが正しいらしいのですが、

「ほら、せっかくチュニジア来たんだし、美味しいもの食べなきゃねー(* Ŏ∀Ŏ)・;゙.:’;、」って

本 音 が バ レ て 恥 を か く…( ̄▽ ̄;)

何はともあれ断食も終わったので、これからは外で大いに堂々とモグモグ出来る♬

外で何でも拒否する事なく食べていたら、何が悪かったか、お腹に当たる…

ウソをついたバチが当たったのですよ...(。-_-。)

ラドに買い物を任せてモールの階段に座って休んでいたら、後ろからおばさんの大きな声が。

「◎△$♪×¥●&%#?!」

私に何か言ってるのは感じてはいましたけど、お腹が痛くて相手してるどころじゃない…

無視してたら、続く…

「*&△★▲〆%!!!」

「¥◉↑#△!!!」

おばさんの怒鳴り声Σ(-᷅_-᷄๑)!!

極め付けにベシッ!と背中を叩かれたε=ε=ε=ε=ε=ε=┌(; ̄◇ ̄)┘

階段に座っちゃダメなのー?と思いながら、

「もぉぉ何よーーー」って日本語でw 振り向くと、

おばさんもビックリ!そこには死にそうな顔した東洋人が!(笑)

一瞬ビックリして急に微笑みながら、

「◎△$♪×¥●&%#?!」

(想像訳: なんだぁ外国人だったの?!)

って急に口調が変わるヒジャブをかぶったおばさん。そして、私の服をキュッと伸ばして、ジェスチャー。自分の腰に手を当て、次に私の腰に手を当て交互に繰り返す、謎の伝言ゲーム(笑)

「comme ça ハッカ」(こんな感じ〜)とか何とか言いながらw

一瞬何だろう???と思ったけど、

あーー!背中が見えてたのね!って後から気付きました(°▽°)

イスラム教において肌を隠すというのは、よく知られている代表的なルール。

なのでイスラム圏のチュニジアではこんな自警団的なボランティア風紀委員が現れます。

※チュニジアに風紀委員という名の警察はおりませんので、、、安心してください(*థ౪థ)

ラドにもよく注意されるこのさらし腰肌。

「akoは子どもみたい。服もちゃんと着れないなんて(˘・з・˘)」ってチラ見えする女らしさっていいじゃないの!これもファッションよ!(苦笑)

しかぁあし!この女心が禁忌なんですね。

こうゆう露出する女らしさは自分の夫の前や女友達といる時だけに披露すればいいのです。

風紀委員会の活動はこれだけに留まりません。

日本のお祭りがチュニスで開かれるという事で、持ってきた浴衣を着て、ラドと出かけた時の話です。

かなりの混雑具合で中々建物内に入れなかったので、外の石垣に座って待つことに。立って待ってる人も多かった中、ちょうど一人分腰を掛けれるスペースがあったので、ラドが座り、ラドの膝に私がちょこんとお座り。

別にイチャイチャしてたわけでも、見つめ合ってたわけでもありましぇん_φ(・_・

するとそこに近づいてくる一人のダンディなお方。

サングラス姿の強面おじさん登場です。

「君たち、ゴホン…」

何か言いたげだけど、言いにくそう。

「ここは学生たちも多いからさ、そうゆう目立つ事はやめてくれないか」

「若い子達が見たら、みんな恥ずかしいだろう」と…

は、は、はいいい?!

寝耳に水のakoΣ(‘◉⌓◉’)

ラドはすかさず、「サマハニ」(ごめんなさい)と言って、私を下ろす。...自分は座ったまま、

「akoは立ってて」って、

おおおおおおおおおおおおおい!٩(๑`^´๑)۶

お前が立たんかい!!!!!

「ご理解頂きありがとう、若者よ」なんて言いながら立ち去ったおじさんですが、

こういった男女が公の場で大胆に触れ合う行動もアカンのですね。

郷に入っては郷に従え。意識を変えないとな、と改めて考えさせられたのでした。

でも皆さん言ってくれるから分かりやすいですよね。していい事とダメな事。

日本でも外国人にルールを教えるおせっかいおじさん&おばさんがたまに登場しますけど、どんどん活躍してもらいたい(笑)

私たちの世代がおじさん&おばさんになる頃には、みんな他人に干渉する術を失ってそう。最近では「無視」するのが良いみたいな風潮が流れてますからね。

ともかく!アラブ諸国に行かれる際は、特に肌の露出、恋人、夫婦同士の行動にお気をつけ下さい(`_´)ゞ

Comments
名前を入力してください