ハイルディーン家の赤ーいお漬物
梅干し・キムチ・ハリサ

23 Dec 2017

 

 

このブログ、コーディングが得意なラドに作ってもらったんですが、その条件は毎日記事をupするという無謀なお約束。

『チャレンジ、アクセプトed〜ᕦ(ò_óˇ)ᕤ』

したものの、忘年会シーズンには無茶な挑戦でした…

一昨日の忘年会だって解散したの深夜1時。

『家、ついて行ってイイですか?』につかまってタクシーで帰れたら…(笑)ってところギリギリ終電セーフ 💨

終電に間に合った事に安心しきってたら、なんと乗り過ごして気付いたら次の駅 🚉

。・゜・(ノД`)・゜・。

歩いて帰れなくもないのですが、暗〜い道のりですから1人で帰るなんて絶対無理!

ラドに迎えに来てもらおう!と考えたのですが、電話をかけてみるも

『PRRRRRRRRRRR … -おかけになった電話をお呼びしましたが、お出になりません』

って全然お出になりませんこと!!!

とりあえず家に向かいながら電話かける事、

数十回ಠ_ಠ!!!

(超しつこいw)

まさか妻がまだ帰宅してないのに心配で寝れるわけがないだろうと、夫を信じて電話を掛け続けましたw

ゲームしてんのか、映画見てんのか?

携帯違う部屋にあんのか?

いや、妻が心配なら5分に1回くらい携帯見るよな。

まさか、、、寝やがった?!?!?!

もう意地になって電話を鳴らしまくる\\\٩(๑`^´๑)۶////

ようやく繋がった時にはもう家まであと5分の距離…

衝撃の第一声は、

『(´-`).。oOな に あ こ ち ゃ ん ?』

皆さまの予想通り爆睡してた旦那様。(c" ತ,_ತ)ガックシ

電話を掛けることに集中していたので暗い道も怖くなかったし、すごい形相で電話をかけまくっていたおかげか近づく不審者もきっと恐れおののいたでしょうw

妻の帰りが遅くても熟睡出来ちゃう夫ちゃん。

愛が冷めたのか、信頼度が上がったのかの問題はさておき、、、

本題のお漬物のお話へ 🥒(笑)

忘年会ではもちろんお酒はパスしますが、おつまみに出てくる漬物には目のない私。

この間も赤かぶ漬や野沢菜をちょちょいと他の方のお通しから頂いちゃいました(*´∇`*)w

小さい頃から美味しそうだな〜って思ってたのは大人が焼酎を飲む時に入れる う・め・ぼ・し ❤️

私はお酒の楽しみが分かるお年頃になる前にアルコール界から引退してしまったのでw

焼酎の梅割りなんて、どんな美味しさなのかはきっと一生分からないでしょう…

その欲求が梅干し作りに精を出させているのでしょうか(°▽°)

3年前から梅干しを手作りするようになりましたakoでございます。

自分で作った梅干しが一番美味しい気がします(о´∀`о) 自画自賛お許しをw

ハチミツ入りの甘ーい梅干しは私の中では邪道中の邪道!(笑)

塩分濃いめ、酸味多め、赤紫蘇漬け

これが私の梅作りの三条件 🗻てやんでい!

漬ける容器は昔ながらの壺が理想ですが、カビるのが怖いのでおばあちゃんもビックリのジップロック! クックパッドでも圧倒的に多いですね、ジップロック方法で作る梅レシピ。

全体の梅干しの様子が直に見れるので安心して漬けておける 👍袋は必ずアルコールで殺菌し、漬ける時も焼酎をON。後の土用干しでアルコール成分は飛んでしまうので宗教上もおそらく問題なし。

今年は南高梅の値段が高く、紫蘇は出回る時期に買い置きできず、どちらも探すのに苦労いたしました。

赤紫蘇を漬ける段階でジップロックからビンへ移し、土用干しの日を待つ…

今年の夏は曇りの日が多かったので、太陽の下に出したと思えば、雨予報で中に戻したり…

あんまり果肉も柔らかくならなかったので、中心部は半分カリカリ梅状態。毎年違った梅干しが出来上がるのですが、みんな違ってみんな良い(笑)

こちらは2015年版↓

こちらが今年版↓ ゆかりも出来ました。

来年はどんな梅が出来上がるのか楽しみでございます(*´∀`*)

一度、チュニジアの熱ーーーーーい太陽の下でたくさんの梅を干してみたい。

私のささやかな夢でございます。

残念ながら、ワーストJAPANESEフードに梅干しがランクインしているラドさん。この美味しさはお酒と共にハイルディーン家では一生共有できないものでしょう。

ただ、夫婦共通で大好きなお漬け物もございます。私のもう一つの故郷、韓国の代表漬け物 キムチは梅干しと違ってラドの嗜好にはまったようでして、先日も大根キムチを食べ尽くしてしまい、お代わりをねだっておりました。

この大根キムチ、韓国に住んでいるイモ(이모:叔母)の手作り(о´∀`о)

「またイモに頼めないかなぁ」ってラドの一言が嬉しかったので、翌日さっそく電話して聞いてみました 🇰🇷

すると、「今年はakoの為にたくさん漬けといたのよ〜」とキムチの再出荷が決定致しました♬

いつ送ってくれるのかな〜♡早く来ないかな〜♬

って…お昼休みに注文の電話してから2時間後に「送ったよ〜」ってメッセージが‼︎

さすが韓国おばちゃんの行動力の素早さ!Amazonもビックリのチョッ早ですよっΣ( ̄。 ̄ノ)ノ

そして注文してから2日後の今日、달랑무김치(大根キムチ)様がご到着致しました(о´∀`о)

달랑무(タンランム)とは 총각무(チョンガンム)とも呼ばれる小さな大根のこと。この大根が旬の11月に漬けられることが多いです。

韓国近くて最高ー♬

箱を開けた瞬間から放たれる、キムチの香り 🐽

「냄새 죽인다~~~~~~‼︎(意訳:香りたまんない!)」って言いながら容器へ移す…もちろん味見しながら❣️

このキムチ移行作業をする瞬間が幸せwwwww

ご飯とはもちろん、麺類に混ぜても、そのまま食べても◎

シャキシャキッの食感と丁度いい辛さ、酸味にご飯が止まらなーい(´ཀ`)ヨダレ

辛いお漬物といったら、チュニジアの ハリサ(またはハリッサ: Harissa, هريسة) も欠かせません。

こちらが第3カ国目のハイルディーン家の常備漬物、毎年チュニジアから持ち帰るこのベルベルハリサ ( هريسة عربي )!!

Amazonでも美味しいハリサが買えますよ♬

チュニジアから持ってきたものが切れると、必ず買うのがこの瓶詰めハリサ。

 

ハリサ・ベルベル(手作り風ハリサ) 200g

 

キムチと並んで、必ず毎日我が家の食卓に登場するスタメンです。

ラドはオリーブをかけてパンと一緒に、私は直接ご飯や目玉焼き、ポテトなどにつけて頂きます🍳

韓国調味料コチュジャンの代用としても使えますので韓国料理ピビンバにも最適🥡

チュニジアでは日本でいうお味噌の地位につくハリサちゃん。缶や瓶詰めに売られてたり、量り売りで袋に詰めてもらったり、家で作る家庭もございます。

東京の大久保にある チュニジアレストランでは自家製ハリサが頂けちゃいますよっ 🇹🇳

 

 

 

未だキムチもハリサも作った事がないので、梅干しに続くハイルディーン家の常備お漬物として是非ともチャレンジしてみたいです(*´∀`)♪

 

 

Comments
名前を入力してください