出会いからの...
スピード婚約!!

03 Oct 2017

念願の初チュニジア料理に感激し、浮かれ足でバイトへ向かった私。

なぜに浮かれ足って?美味しい料理に出会えて、遠いチュニジアに行ける日も近いかも?!と期待されてくれる店主さんと出会えたから!

ラジュールに行かれた事のある方ならご存知の通り、店主さんは日本語ペラペラのチュニジア人です。

彼が「チュニジア行きたいんだったら、いつでも協力してあげる」なーんて心強い事を言ってくれちゃうから、私も洞窟ハウスに泊まれる日が来るのでは!とワクワク♪

この1年後に店主さんとチュニジアで会う事になろうとは!誰が予想できましょうか!?

そう、未来の旦那は………………………


この店主さんでしたー!!!!!


って言うのは冗談でしてププ━━。+゚( *´艸)( 艸`*)。+゚━━!!!haha

店主さんはチュニジア人の奥さまと一緒にレストランを運営しておりまして、可愛い子ども達もいるパパさんでございます。

(チュニジアは一夫多妻が認められてないのでこの時点で満塁アウトー!笑)

じゃあ未来の旦那はどこに??????

実は、ランチの別れ際に店主のモラド(いきなり呼び捨てw)に

「今日の夜、チュニジア人の友達が来るからさ、また食べにおいでよ!」と誘ってくれまして。

バイトを終えて再び大久保のラジュールへ舞い戻ったのでした。

本当のところ、行くか行かないか迷いました。疲れてるし、次の日は熱海に旅行を控えていたので☀

そして、男2人が来るというので、身構えちゃいますよね!なんかおかしくないか?と。

旦那もモラドも知らない話、店に入るまで結構時間掛かったんです。

途中お買い物したり、カフェに寄ったり。行こうか行かまいか。興味と不安の狭間で悶々。

いや….(・∀・)カエレ!! ってツッコむ気持ちわかります。

でもね、行ってよかった!!行かなかったら今の生活ないんですものね!!

勇気を出してドアを開けたら、いたんです!!!!!!!!


チュニジア人の男2人が!!!!

いやしたよ、濃い顔した2 人が。そりゃそうよね。チュニジア料理タジンを食べながら、来ないと思われていた私の登場にびっくりしてましたww

他のお客様もいてほぼ満席状態でしたので、店主モラドは注文取ったり、料理運んだりとバタバタ。

とりあえず、ワインを注文して、“友達”2人とおしゃべりしながら私もタジンを頂く事にσ゚д゚)ボーノ!

2人の第一印象はと言うと、

男①目鼻立ちがはっきりしていてイケメン風の若いチュニジア人

男②優しそうな猫背の中年男性。色白で茶髪に赤ひげ。たぶんチュニジア人?

今までだったら間違いなく男①に興味津々でしょう。…(´σД`)知らんがな・・・

ただ横にいる男②の優しい笑顔に魅かれて、気付けば彼の前に着席。

「こんばんは、akoです。初めまして」

「こんばんは、男②です。」www

「チュニジアの方?」

「そうそう、チュニジア人です」(チュニジア人に見えないね!って言いたかったとこを我慢w)

何年チュニジアにいるの〜?仕事は〜?と軽い職務質問をかましながら楽しくおしゃべり(笑)

日本語の流暢さに驚きつつ、なんだか昔からの友達としゃべってる様。

こんな初対面の人に対して落ち着けるのって初めてかも、ってとっても好印象でした。(よかったね!旦那ちゃん!w)

そうなんです...


私が結婚したのはこの男②「ラド」でしたー(*´∀`*)ポワワ


中年男性と書きましたが、実年齢は30代前半!どんだけ歳とって見えたのでしょう。

彼の猫背姿と穏やかな物腰が一気に年齢を高めておりました。

まだ日本語がカタコトだった男①を置いてけぼりに(すまんねぇ)、盛り上がるトーク!

趣味から、音楽から、映画から、…全く真逆の価値観で超新鮮。面白くって止まらないお話の数々♡

ただね、気になっていたんです。

気になったというか、現実に引き戻される様な感覚?

それは話の途中で、ちょいちょい挟んでくるこんな言葉….

「(akoは)ワイン好きなんだね、でもアルコールって飲むと知らずのうちに喉を傷つけるんだよ」

だの、

「明日も断食だー」(ラマダン期間でした)

だの、

垣間見えるムスリムのお姿。

そこで引き下がるakoかと思いきや!!!!!!

バ━━ヾ(。´囗`)ノ━━イバ━━ヾ(´囗`。)ノ━━イ

そっか、ヘビメタ好きで、オープンな人に見えるけど、宗教を大切にしてるんだね(偏見w)。なんてギャップなんだ!!!とさらなる興味。(爆)

楽しい時間は過ぎ、終電も近づいたので、本日はお開き!と、連絡先を交換し、ユニークな友達が出来た事に喜び、

これからもこの人とずーーーっと仲良く出来そうな予感がしたのでした。(的中♡)

よく結婚した人の馴れ初めを聞くと、「ビビビ!」でした∑(゜∀゜)って話がよくありますよね。

独身の時は、そんなのほんとかよ〜って信じてませんでしたが、確かにゆるやかな感電は少しあったのかな(゚∀゚)アヒャ

「人は会って数秒で相手を恋人or友達に分類する」って心理学でも言う様に、きっと私も男①と②を一瞬でそれを判断!(笑)

見た目とかではなく、千里眼的な目で全体のオーラを感じ取った事としましょうhhhhhh

出会いから3ヶ月後に婚約した事だって、なんの迷いもなかった♡

そして結婚して5年も経ってるのだから、この時の直感を信じてよかったんです♡

 私の祖母にもツッコまれましたが、「恋人を探しに外国料理屋さんに行ったんでしょー」なんて、めちゃ人聞きの悪い┐(´∀`)┌ 

「Non! Non!おばあちゃん、チュニジア料理が食べたかっただけだよー」なんてごまかしたけど、そう見えるのも無理ないと回想。

「美味しい料理も食べれて、未来の旦那も見つけたんだから結果オーライ!」なんつって。

後日、しっかりモラドと奥さまから紹介料を請求されましたとさ!(嘘)\(゚ロ゚ )ナンデヤネン!

そして私たちの出会った席はラジュールの記念テーブルとして予約が殺到しております✨(嘘)\(゚ロ゚ )エエカゲンニシロ!

ただこのお店に、この店主夫妻に、感謝しているのはまぎれもない事実でございます。

はい、以上おノロけ日記これにて!

<<完結>>

※ラジュールは地中海料理を堪能できるレストランでして、決して恋人探しの場ではありませぬ。

Comments
ログインするか名前を入力してください
名前を書いてください
コメントを書いてください